【意味がわかると怖い話】図書館の本【解説】

図書館で本を借りに行った。

壁際の棚にある小説の特集コーナーに行き、面白そうな

タイトルの本を抜き取りパラパラめくる。

抜き取ったとき棚の隙間から向こう側の人と一瞬目が合った。

10分ほど吟味した後良さそうな本を3冊抜き取って司書さんの所へ。

帰路の途中やっぱりあの本も借りておけば良かったと後悔したけど

まあいいやと思ってそのまま帰った。





解説を読む


posted by 意味がわかると怖い話 at 19:00 | 図書館の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

東京伝説(閉ざされた街の怖い話)

怖い絵

ほんとうは怖い沖縄

東京伝説(溺れる街の怖い話)

東京伝説(渇いた街の怖い話)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。