【意味がわかると怖い話】死んだお姉さん【解説】

中学三年の時、Aという男子の転校生がうちのクラスに来た。

席が俺の隣になったので、休み時間に話しかけたらすぐに打ちとけた。

お互いの家族構成なんかを話してると、ずいぶん前に死に別れた姉がいたことを教えてくれた。

神経系の難病だったらしく、意識はしっかりしてるんだけど身体は動かなくなっていき、最期の数年間は寝たきり状態で、よく「死にたい死にたい」と言ってたそうだ。

ずいぶん重い話を初対面で話すんだなあと思ったけど、まあ心を許してくれたんだから良い友達になれそうだなと思い、放課後、一緒に帰るついでにAの家に遊びに行くことにした。

Aの家は新築の、まあどこにでもある小さな建売住宅だった。

両親とも共働きで夜まで一人なんだとAは言うと玄関の鍵を開け、俺も一緒に家に入った。

しばらくAの部屋でゲームとかして遊んでたんだけどすぐに飽きて、進路の話をしたり
Aが以前いた学校のことを聞いたりしてた。

そんな話の流れの中で、俺は何気なく

「そういえばAの死んだお姉さんてさあ・・・」

って言葉を、ほんと何気なくなんだけど口に出した。

そうしたらAの顔が一瞬変わって

「もうその話はいいだろ!」

と強い口調で言ってきた。

俺も、言い方がまずかったのかなと思ってごめんと謝ったんだけど、なんか場の空気もしらけて、気まずくなって俺はすぐに自分の家に帰った。

次の日Aに話しかけたらまた打ち解けた雰囲気が戻っていて、Aも

「昨日は怒ってごめん」

と謝ってきて、まあそれからは普通に友達として仲良く接していた。

一週間ぐらい経ったある日、Aが学校を休んだ。

先生の話によると、昨晩、ずっと寝たきりだったAのお姉さんが自宅のベッドで亡くなったそうだ。





解説を読む


posted by 意味がわかると怖い話 at 12:00 | 死んだお姉さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

東京伝説(閉ざされた街の怖い話)

怖い絵

ほんとうは怖い沖縄

東京伝説(溺れる街の怖い話)

東京伝説(渇いた街の怖い話)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。