【意味がわかると怖い話】ちょっとした名所【解説】

この山の崖は景色が良くてちょっとした名所。
展望台に出ると風が気持ちいい。
先には望遠鏡が設置されている。
自分の家はあっちの方角かな、なんて考えながら近づくと同じタイミングで一人の男が近づいてきた。

そこは自殺の名所でもあった。俺もそれでここに来たのだ。
もう一人の男も同じ目的だろう、顔を見た瞬間ピンときたのだ。

「あ、お先にどうぞ」

最後の最期に人に親切にしておくのも悪くない。そう思ったのだ。

だが、それが失敗だった。

『ありがとうございます』

男は身を投げた。

あの時譲らなければよかった。

全身に痛みを感じながら俺は後悔している。




解説を読む


posted by 意味がわかると怖い話 at 00:00 | ちょっとした名所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

東京伝説(閉ざされた街の怖い話)

怖い絵

ほんとうは怖い沖縄

東京伝説(溺れる街の怖い話)

東京伝説(渇いた街の怖い話)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。