【意味がわかると怖い話】丑の刻参り【解説】

会社に嫌な上司がいた。

脂ぎったデブ、ダサい眼鏡、必死に隠そうとしている薄らハゲ。

ハゲデブ眼鏡の三拍子そろった上司を彼女は嫌っていた。

ある日彼女は白髪が生えていると偽り上司の髪の毛を一本抜いた。

それを友人の呪い代行人に預け丑の刻参りをしてもらった。

しかし上司はピンピンしていた何年たっても元気だった。

藁人形に入れられた髪も何年たっても朽ちなかった。




解説を読む


posted by 意味がわかると怖い話 at 21:00 | 丑の刻参り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

東京伝説(閉ざされた街の怖い話)

怖い絵

ほんとうは怖い沖縄

東京伝説(溺れる街の怖い話)

東京伝説(渇いた街の怖い話)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。