【意味がわかると怖い話】壊れたヘッドホン【解説】

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 18:06:26.90 ID:RIIOVWP10
さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。
何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって、落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。
たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。

解説を読む


posted by 意味がわかると怖い話 at 16:46 | 壊れたヘッドホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

東京伝説(閉ざされた街の怖い話)

怖い絵

ほんとうは怖い沖縄

東京伝説(溺れる街の怖い話)

東京伝説(渇いた街の怖い話)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。