【意味がわかると怖い話】人事部へ【解説】

人事部へ

ボブ・スミスは,私のアシスタントプログラマーです。彼はいつも

 自分の持ち場で仕事に専念しております。一方,ボブの同僚たちは

おしゃべりに夢中で,会社の時間を無駄に費やしています。ボブは

 積極的に仲間達の仕事を手伝います。彼の手伝いがなかったならば,

仕事が時間どおりに終わることは決してありません。また,ボブは

 休憩時間を返上してまで,職務に打ち込んでいますが,他の連中は

だらだらと休み続けます。ボブは,職務や専門分野における知識が

 非常に豊富であるにもかかわらず,そのことに鼻をかけるることは

まったくありません。もし,ボブがこの会社にいなくなったならば,

 仕事は停滞してしまうことと存じます。彼の待遇をより改善すれば

会社の利益になると思料いたします。つきましては,ボブを直ちに

 我が社の幹部に昇格させるべきと推薦いたします。本提案について

処理くださるようお願いいたします。

プロジェクト・リーダーより





後を追うように,人事部にプロジェクト・リーダーから追加のメモが届いた。

先ほどお送りしましたレポートですが,あの男,これを書いているのを私の肩越しに覗き見しておりました。
どうぞ,奇数行だけお読みくださるようお願いいたします。


解説を読む


posted by 意味がわかると怖い話 at 12:00 | 人事部へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

東京伝説(閉ざされた街の怖い話)

怖い絵

ほんとうは怖い沖縄

東京伝説(溺れる街の怖い話)

東京伝説(渇いた街の怖い話)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。