【意味がわかると怖い話】ゴミ袋【解説】

今朝、妻が朝食を作る音で目覚めて、ベッドから起きたんだ。
それで、「おはよ〜」っていいながら、二階の寝室から一階のリビングに入ったんだ。
そしたらさ、いつもなら「おっはー!」って言い返してくれるほど
元気な妻なのに、俺を無視してひたすら台所で包丁を動かしてた。

俺は、はっはーんと思った。
そういや昨夜、妻の浮気を暴いて、激しく言い争ったんだ。
それで今日、妻はバツが悪くて俺をシカトしてるのか。
俺は早く、その事は水に流したいのに。

妻(恵子)に「けいこ〜水くれ!」って言っても恵子はおれを無視。
何だよ、人が折角この気まずい雰囲気をこわそうと思ったのに。

ふと時計を見たら、もうそろそろ会社にいく準備をする時間。
俺はそそくさと二階で着替えをすませ、また一階におりた。
その間、妻は俺に全く話しかけてこない。
俺もいい加減腹がたち、食卓には俺の分のご飯がちゃんと用意してあったが無視した。

俺は日課の、出社するついでのゴミ出しをするため、台所の横にある黒色のゴミ袋を掴んだ。
そのなかは異様に重く、いつもなら東京都指定の半透明のゴミ袋のハズだったが、
今日は黒色の中身が全く見えないゴミ袋だった。
そのゴミ袋はあと五個ぐらいあったが、会社に遅刻しそうだっため、
一つだけ持って俺は玄関にいった。

知らない男物の靴もあったが、時間に急かされいたため、たいして気にもせず、俺は集合住宅の階段をかけおりた。
住宅の真ん前にある、ゴミすてばに勢いよく怒りを込め、ゴミ袋をなげ捨てると、ヒラリと結びめがとれた。
俺はそれをみて愕然とした―。


解説を読む


posted by 意味がわかると怖い話 at 12:00 | ゴミ袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

東京伝説(閉ざされた街の怖い話)

怖い絵

ほんとうは怖い沖縄

東京伝説(溺れる街の怖い話)

東京伝説(渇いた街の怖い話)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。